追夢人の手作りランプとブログ

可愛らしい空き瓶に小さな電球、レディメイドの小物やフィギュアを組み合わせて、ファンタスティクなミニランプを手作りしています。ここでは、そのほかの事も思いつくままにとりとめなく書いてみたいと思っています。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 追夢人のシンクロニシティ | TOP | Twitterでも放射能汚染など、情報収集することをお薦めします! >>

2011.08.26 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - |
    2011.06.17 Friday

    アートのファッショ化には警戒したい

    0
       
       一個人のなかにアーティスティクなエレメントは重要と考えている。

       しかし、全ての人がアーティスティクに特化された職業に就けるわけではない。

       うまく整理できてないが、アーティスティクな職業には、思いつくだけでも、画家、彫刻家、陶芸家、工芸家、写真家、絵本作家、演奏家、作曲家、作詞家、詩人、小説家、舞踏家、イラストレーター、シンガー、パフォーマー、アクター、コメディアン、タレント、エンターテイナー、デザイナー、キュレーター、ディレクター、コーディネーターなど様々な分野がある。

       社会通念上、一応は便宜的に分けられているけれども、芸術家、アーティストを自負する人たちは、各々の狭い分野のなかだけで創作活動をしているわけではなく、垣根を超えて得意分野で広く係わっている場合が多い。

       アーティスト個人によっては、その分野間に優劣をつけ、己の居場所を求める者もいるかも知れない。それは個人の自由だから、その人の生き方は否定できないが、各々の分野もまた優劣をつけられるものでも、まして否定されるものでもないと観念的には考えている。

       また社会は、アーティスティクな職業だけで成り立っている訳ではない。アーティストは社会にとって重要な存在であると考えているが、その人たちだけで社会が成り立っている訳でもない。

       アーティストの選民的な独善、アーティスティクな覇権主義、アートのファッショ化には警戒したい。
       
      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      2011.08.26 Friday

      スポンサーサイト

      0

        10:07 | - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        ▲top