追夢人の手作りランプとブログ

可愛らしい空き瓶に小さな電球、レディメイドの小物やフィギュアを組み合わせて、ファンタスティクなミニランプを手作りしています。ここでは、そのほかの事も思いつくままにとりとめなく書いてみたいと思っています。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 科学者よ、現実を推し量れ!使命を果たせ! | TOP | 内部被曝 責任逃れの伏線 >>

2011.08.26 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - |
    2011.06.28 Tuesday

    放射能汚染の現状認識

    0
       
       福島第一原子力発電所の放射能の拡散は終息していない。現場は未だに小爆発?を繰返しながら放射性物質に直接接触した水蒸気を大気に放出し続け、高濃度の汚染水は海に漏れ続け、予断を許さない。今後もメルトスルーの変化や天候次第で状況が悪化する可能性もある。見えない放射性物質は日々全国に降り注いでいる。

       福島第一原発から何百キロも離れている人達は、自分の居住地は汚染の報道がないから、放射性物質が飛来してないと思っている人が多いことだろう。


       しかし、それはただ今まで線量を計測してないだけ。検知してないだけ。データが無ければ、安全、安心というのは無意識の思い込みに過ぎない。

       ガイガーカウンターなどで計ったとしても、その値が基準値未満であっても、もし計測が一か所か、数か所では全く不十分。まして県レベルではなおさら。

       汚染濃度の高いホットスポットは、風向きや降雨、地形や標高で斑に形成されている。埃や落ち葉や吹き溜りを想像すればわかりやすい。

       たとえ居住地が汚染されていなくても、汚染地域の農産物、海産物、加工食品、加工製品は既に全国に流通し始めている。産地の擬装まで行われている。

      内部被曝の二次被害はもはや他人事ではなくなった。全国民の差し迫った問題だ。

       国民はどこまで放射能汚染の現状認識を改められているのだろうか?
       
      JUGEMテーマ:日記・一般

      2011.08.26 Friday

      スポンサーサイト

      0

        11:44 | - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        ▲top