追夢人の手作りランプとブログ

可愛らしい空き瓶に小さな電球、レディメイドの小物やフィギュアを組み合わせて、ファンタスティクなミニランプを手作りしています。ここでは、そのほかの事も思いつくままにとりとめなく書いてみたいと思っています。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ヤマドリタケモドキ | TOP |

2011.08.26 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - |
    2011.08.26 Friday

    天使巡礼天使堂のユリ

    0

      天使巡礼天使堂のユリ

      タカサゴユリ 私の百合の記憶は、小学生の頃、近所の、はとこの家にオレンジ色に黒の斑点のあった大きな一本の鬼百合でした。それ以外、数年前まで私の意識に百合はほとんどのぼりませんでした。実家のある土地(地域)には百合はほとんど咲いていなかったのだと思います。見ていたとしても、お花屋さんの切り花の白百合かな。
       天使巡礼天使堂のブログを始めたのは2005年12月。キリスト教に詳しいブロガーさんのコメントから、受胎告知の場面を描いた絵画に登場する大天使ガブリエルは白百合を手にしていることを知りました。それからほんの少し百合に意識が向きはじめました。
       伊豆高原に天使巡礼天使堂を開館したのは2006年10月なので、窓際に大きな百合が一本あるのに気付いたのは翌年の夏だったと思います。白百合でした。お隣の別荘の庭には白百合が何本も咲いています。花つきは多くても3つくらいでみな清楚な印象でした。その美しさに魅せられて横浜の自宅に球根を持ち帰って植えたけれど、根付かなかったとお隣のご主人が仰ってました。伊豆高原に自生している百合だそうです。

       その夏、伊豆高原の駅まで散歩がてら急な別荘地の坂道を歩いて帰りました。別荘のお庭以外にも、道路脇やいたる所に自生してることに驚くと同時に、咲き誇る白百合の清らかさ、山百合の美しさ、その多さに感動しました。それは貴重な体験でした。

      山百合
        
       天使巡礼天使堂には不定期に行くので、花の時期を逸することがしばしばです。その次の年は白百合は終わってましたが、北庭の隅の木陰に一本、大人の男性ほどの背丈はあろうかという百合が、幾つも花を咲かせて、その重みで弓なりにお辞儀をしてるのを見つけました。それは山百合でした。その時は、カサブランカを期待していたので山百合の花の斑点が妙に気になってしまいました。その翌年には、その近くにも数本、小さな株が伸び始めていました。
       天使巡礼天使堂には、前の土地の所有者が除草剤を撒いていたので、それ以外、百合はほとんどありませんでした。私は除草剤は身体に有害だと思うので使わないでいると、もう雑草の繁茂の威力ははんぱなく、背のある草しか抜けずにお手上げ状態でした。すると北庭の駐車スペースの脇に伸び始めた百合も何本かあって、それは抜かないように気を付けていましたら、昨年の夏から花を咲かせ、晩秋には種が沢山採れたので撒いておきました。タカサゴ百合という種類です。
       今年の7月の開館の時期に窓際のカサブランカがちょうど咲いていました。8月上旬の開館の時には北庭の山百合が咲いていました。タカサゴ百合も咲き始めていました。閉館してから久しぶりに百合を見たくて伊豆高原駅まで歩いて帰りましたが、もう花の盛りは過ぎていて、道路脇の花も萎れ、庭に花付きのみごとなカサブランカが咲いているお宅はほんの数軒だけでした。その時に道路脇に咲いていた山百合の花を撮った写真3枚をアルバムにアップしてあります。
      JUGEMテーマ:日記・一般



      2011.08.26 Friday

      スポンサーサイト

      0

        07:44 | - | - | - | - | - |

        コメント

        管理者の承認待ちコメントです。
        2013/02/26 9:05 PM by -

        コメントする









        ▲top